TSMC工場進出で半導体バブルに沸く? 注目の熊本県菊陽町から聞こえたタメ息と狂騒

公開日: 更新日:

「“バブルに沸く町”と言われてもねぇ……」

 こう嘆息するのは、台湾の世界最大手の半導体メーカー「TSMC」が進出した熊本県菊陽町の住民だ。菊陽町でTSMCの第1工場が開所したのは先月24日のこと。開所前から地元は「半導体バブルに沸いている」と報じられてきたが、評価は複雑なようで──。

 熊本空港から北へ車で約20分。TSMCの製造子会社JASMの巨大工場とオフィス棟が見えてくる。本紙記者が訪れた3月初旬は、オフィス棟の目の前に広がるキャベツ畑が収穫の真っ最中で、キャベツ特有の青々とした匂いが鼻腔をくすぐる。ガラス張りのオフィス棟と巨大工場の存在感は何とも異様だった。

「工場は高台にあるから、最寄りのJR原水駅からもよく見えますよ。夜になると下からライトアップされて不夜城のよう」(地元住民)

 TSMCが熊本に進出を決めて以来、地元は地価高騰や雇用創出、経済波及効果など「どのような恩恵があるか」という文脈で語られてきた。九州フィナンシャルグループの試算によると、工場建設に伴う経済効果は2022年からの10年で6兆8518億円(1兆4400億台湾元)に上る。「バブルに沸く町」と言われるのもうなずける。

 しかし、住民は半導体バブルの熱狂を歓迎しつつ、冷静に受け止めている。

「工場の最寄り駅前は毎日の朝夕、工場へ出勤する人と、工場から帰る人で大混雑ですよ。でも、駅は無人だし、周りにお店があるわけじゃないから、基本的にスルーされます(笑)。駅の周りに新築の家がこれから100軒建つなんて話も出ていますが、人が増えて盛り上がるのはまだ先でしょう。この間、台湾の方がお見えになって『ここら辺に飲食店はないの?』と聞かれました。どうも観光に来た様子だったので、報道を見て菊陽町が『リトル台湾』のようになっていると思ったのかもしれません」(自営業を営む50代女性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速