深刻すぎる人材難…“ポスト猪瀬”に「川淵三郎」まで浮上

公開日: 更新日:

 都知事選は、TVキャスターや女性議員など名前だけは次々挙がるものの、本命不在。“後出しジャンケン”を意識して出馬表明は年明け以降になりそうだが、新たな候補者として、御年77の川淵三郎・日本サッカー協会最高顧問まで浮上しているというからメチャクチャだ。

 川淵氏の名前は、20日の自民党東京都連の幹部会で出された。下村博文文科相や橋本聖子参院議員が辞退する中で“五輪の顔”として推す声があったという。

■路線継承もくろむ石原ファミリー

 川淵氏は石原慎太郎知事の時代から東京都政との関わりが深く、昨年11月まで都の教育委員を務めていた。さらに猪瀬直樹知事が就任すると、首都大学東京の理事長に抜擢され、現職にある。サッカー協会で組織運営の経験もあり、初代Jリーグチェアマンとして広く知られている。「実務と知名度という条件をクリアできる」(自民党関係者)というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  5. 5

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る