• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

滝クリ、橋本聖子、丸珠の名も…難航する“ポスト猪瀬”選び

 猪瀬の辞任は24日に開かれる都議会で承認される見込みだ。
 都道府県の長は、任期途中で辞める際、30日前に議長に届けなければならないとされている。ただし、議会の承認があればこの限りではない。辞任後は50日以内に選挙という段取りだ。

「24日の本会議で辞任が決まりそうなので、都知事選は1月23日告示で2月9日投票が濃厚になっています。ポスト猪瀬をめぐる選挙戦は、すでに始まっている。ただ、候補者が決まっていない。だから、辞任から50日後のギリギリまで投票日を遅らせることになるでしょう」(都政事情通)

 金銭スキャンダルにまみれた威張るオッサンの後任である。有権者に好まれるのは猪瀬の正反対で、清潔感のある若い女性だろう。それで滝川クリステルなんて話も出ているが現実味は乏しい。

「安倍首相は19日、記者団に<白紙だ>と話したが、側近で五輪に関係が深い下村博文文科相を直々に口説く意向です。ただ、知名度で見劣りする。そこで橋本聖子参院議員の名前が挙がっています。橋本は北海道選出で東京と関係ありませんが、五輪の顔になれる。もちろん、小池元防衛相の可能性もあります。しかし、思ったほど人気がない。一部からは丸川珠代参院議員を推す声も上がっています」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る