プーチン気取り?「多選自粛条例」改正で4選目指す中野区長

公開日:  更新日:

 権力の座に居座ると豹変する典型例だ。

 中野区議会の総務委員会は18日、区自治基本条例の「多選自粛」規定を削除する改正案を自民、公明などの賛成多数で可決した。改正案は25日に区議会本会議で成立見通しになっている。

 この改正案を出したのが、6月に告示される中野区長選に4選目の出馬を表明している田中大輔区長(62)だ。

■前回の選挙では「実績」に

「多選自粛」規定とは、「連続して3期を超えて在任しないよう努める」規定のことで、田中区長が自ら制定し、前回の選挙公約の中でも実績のひとつとして挙げているそうだ。自ら条例を制定したにもかかわらず、やっぱり選挙に出たいから廃止するというわけで、実に身勝手極まりない。

 削除規定をめぐり、野党区議からは怒りの声が噴出している。民主党の中村延子区議によると「最初に『多選自粛』規定を決めるときは、区民説明会を開くなど、1年をかけて丁寧にやっていたのに規定削除の時の審議はたったの3日間です。区民への説明もほとんどありませんでした」というから“抜き打ち”みたいなもの。こんな条例をあっさり通す議会も議会だ。

 ロシアのプーチンも憲法で3選禁止が決められていたにもかかわらず、まだ大統領をやりたくて憲法を改正した。プーチン気取りの田中区長には困ったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る