プーチン気取り?「多選自粛条例」改正で4選目指す中野区長

公開日:  更新日:

 権力の座に居座ると豹変する典型例だ。

 中野区議会の総務委員会は18日、区自治基本条例の「多選自粛」規定を削除する改正案を自民、公明などの賛成多数で可決した。改正案は25日に区議会本会議で成立見通しになっている。

 この改正案を出したのが、6月に告示される中野区長選に4選目の出馬を表明している田中大輔区長(62)だ。

■前回の選挙では「実績」に

「多選自粛」規定とは、「連続して3期を超えて在任しないよう努める」規定のことで、田中区長が自ら制定し、前回の選挙公約の中でも実績のひとつとして挙げているそうだ。自ら条例を制定したにもかかわらず、やっぱり選挙に出たいから廃止するというわけで、実に身勝手極まりない。

 削除規定をめぐり、野党区議からは怒りの声が噴出している。民主党の中村延子区議によると「最初に『多選自粛』規定を決めるときは、区民説明会を開くなど、1年をかけて丁寧にやっていたのに規定削除の時の審議はたったの3日間です。区民への説明もほとんどありませんでした」というから“抜き打ち”みたいなもの。こんな条例をあっさり通す議会も議会だ。

 ロシアのプーチンも憲法で3選禁止が決められていたにもかかわらず、まだ大統領をやりたくて憲法を改正した。プーチン気取りの田中区長には困ったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る