プーチンの狙いは? ソチ五輪は近年まれに見るハリボテ大会

公開日:  更新日:

 ロシア政府は五輪開催に約5兆円もの資金を投じて、競技場建設のほか道路、鉄道などインフラを整備。計画通りすべてを完成させて7日の開幕式を華々しく迎えるはずだった。

 ところが、各競技場のいたるところで作業がいまだ続けられている。

 会場そばには建設資材やゴミがうずたかく積まれ、周辺歩道は未舗装で土がむき出し。観光客を受け入れる一部ホテルもまだ完成していないというありさま。上物は突貫工事で開幕に間に合わせたが、隅々を見れば近年まれにみるお粗末極まりない五輪会場なのだ。

 その一方でテロ対策はピリピリしており、ものものしい雰囲気。オリンピック村やソチ市内にはマシンガンを持った5万人以上の警官や軍人を配置。ソチ市民ですら会場に近寄ることが出来ない。オリンピック観戦旅行客ばかりでなく選手や関係者ですら二重、三重の厳しいセキュリティーチェックを受けるなど、厳戒態勢が敷かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る