日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダダ漏れは数字で歴然…汚染水「ブロック」はやっぱり大ウソ

 やっぱり、安倍首相の発言は大嘘だったのか。大きな話題を呼んでいるのが福島沖30キロの汚染データだ。国は「財団法人海洋生物環境研究所」などに委託し、海水中の放射性セシウム137などの濃度を調べているが、この値が2~7ミリベクレル/リットルで、いまだに原発事故前の数倍、場所によっては数十倍のレベルが続いているのだ。

 事故直後は通常の20万倍もあったから、それに比べれば急減しているが、専門家によれば問題は低下のスピードが鈍化していることだ。事故から3年たっているのに元の水準に戻らないのは、「福島第1から外洋へのセシウムの流出が続いている」と考えるべきなのである。東京海洋大の神田穣太教授が言う。

「調査方法は海水20リットルに試薬を入れて、セシウムを吸着させた粉末を集めて調べる精緻なものです。このレベルであれば、環境や魚に影響が出ませんが、セシウム137は自然界に存在しない。その値が事故前の水準に戻らないのは、今も何らかの形で供給が続いているということです。福島原発の港湾はシルトフェンスで取水口などが覆われていますが、完全に遮断できるものではない。海水は入れ替わるので、遮断されていれば、外洋と汚染レベルが一緒になりますが、今も港湾内の汚染レベルは高い。つまり、今も汚染水が流出していると考えるのが妥当なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事