高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

「日本版ロースクール制度」の大失敗

公開日: 更新日:

これも小泉 竹中構造改革

 労働時間の規制が緩和され、残業代をゼロにする新制度が導入されるようだ。当初は高報酬の為替ディーラーやIT技術者などに限定されるそうだが、なし崩し的に拡大するのは間違いないだろう。派遣労働の拡大でワーキングプアを生んでもなお、規制改革の推進を主張する人たちは、労働環境の見直しに取りつかれているらしい。

 改革推進派が手本とするのが米国である。日本は悪いから変えなければダメで、米国と同じにするのが正しいとの考え。アメリカナイズこそがベストという発想だ。日本の良さに目を向け、そこを伸ばしていくというアプローチは採用されない。だから、次々にボロが出てきている。

 地元広島の旧藩校「講学所」を起源とする広島修道大学が、法科大学院について、来年度から募集を停止すると決めた。中四国地方では、島根大や香川大・愛媛大連合と、法科大学院に見切りをつけるケースが相次いでいる。募集を続けるのは、広島大と岡山大の2校だけとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  7. 7

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  8. 8

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

もっと見る