記者クラブの怠慢で…2カ月も黙殺された国会セクハラやじ

公開日:  更新日:

 また自民党、しかも都議会あがりだ。

 4月の衆院総務委員会で、日本維新の会の上西小百合議員(31)に「子供を産まないとダメだ」とセクハラやじを飛ばした大西英男議員(67)。

 当初はマスコミの取材に「覚えていない」とスットボケていたが、4日、自分の発言と認め、上西に電話で謝罪、自身の公式サイトにも謝罪文を掲載した。

 大西は東京16区(江戸川区)選出。区議4期、都議4期の経験がある。都議時代には自民党幹事長も務めた。地元を回ると、意外と評判は悪くない。

「気さくで感じのいい人よ。近所のオジサンみたいな雰囲気ね。マジメそうに見えたけど、あの人がセクハラやじ? 信じられないわ~」(50代女性)

 さすがに、有権者にセクハラをはたらいてはいないだろうが、政界では「やじ将軍」として有名だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る