コピペ謝罪の過去も セクハラやじ鈴木都議の開き直り人生

公開日: 更新日:

 事務所には生卵約20個が投げつけられたという。「セクハラヤジ」で海外メディアにまで注目され、すっかり“有名人”となった鈴木都議は大田区選出の3期目。「原点に返って頑張っていきたい」と語ったが、その原点がパッとしない。

 青学大法学部を卒業後、家業のクリーニング業を継ぎ、1999年に大田区議に初当選。2期務めたが07年には今回の問題を彷彿させる騒ぎを起こしていた。海外視察の報告書を千葉県のHPからほぼ丸写ししたことが発覚。大問題になった。

「区議1人当たり予算80万円の豪華旅行です。05年度の『おおた区議会年報』に鈴木氏が寄稿した報告書の半分以上に“盗用”の疑いがあるとして、共産党に追及されたのです。マスコミにも追いかけ回され、当初、鈴木氏は<何か俺が世間に迷惑をかけましたか?>と開き直っていましたが、しばらくして<無断で引用しました>と認めました」(当時取材したマスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る