セクハラやじで急展開 安倍首相を悩ます「女性大臣6枠」

公開日: 更新日:

 都議だけでなく、国会議員まで下劣なセクハラやじを飛ばしていたことが発覚した自民党。このセクハラやじ騒動に、自民党の女性議員がニンマリしているらしい。秋に行われる予定の内閣改造で、女性閣僚枠が大幅に増えそうだからだ。

「安倍首相は<女性が輝ける社会の実現>を掲げ、<指導的立場の女性の割合を3割に引き上げる>と繰り返してきた手前、秋の組閣では、ただでさえ女性議員を優遇せざるを得なかった。そこへ自民党議員のセクハラやじが重なり、安倍政権が女性を尊重していることを証明するためにも、女性大臣を大幅に増やさざるを得ない状況になっています」(政界関係者)

 すでに政界では、これまでで一番多かった小泉内閣時代の「女性閣僚5人」を上回る、6人の女性大臣を誕生させざるを得ないという話が流れている。6人なら、18人の大臣枠の3割を超える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る