地元・山口では怒りの声も…安倍首相「花火と祭り」の夏休み

公開日:  更新日:

 安倍首相は夏休みを満喫中。11日までは山梨県の別荘でのんびり過ごし、12日は郷里、山口に向かう。ま、休みをどう過ごそうと勝手だが、安倍首相の場合、とんでもない批判が地元から噴出している。

 安倍首相は12日、3月に肺がんで死んだ山本繁太郎前県知事の遺族宅を訪問する。

 一見、当たり前の弔問に見えるが、地元関係者は「小松一郎法制局長官と同じですよ」と声を潜める。

 安倍首相のために「命を削ったも同然」だからだ。

「国交省の役人だった山本さんは08年、09年の衆院選で山口2区から立候補したが落選。そこで2012年7月の知事選に出て当選するのですが、知事選の最中に肺炎が悪化、ずっと、がんじゃないか、とささやかれていた。昨年10月下旬からは過労を理由に入院し、12月の議会も出てこなかった。結局、今年の1月14日に辞職し、3月に亡くなるんですが、ぎりぎりまで自民党は復帰の可能性を示唆し、県民をだました。首相の地元、山口県知事選を落とすわけにはいかないので、この間、勝てる“子飼い”の後任候補者を調整していたのです。そもそも、選挙中から重病だった知事を担ぎ出したのは山本さんが山口2区の公認候補だったからですよ。山本さんが知事になると、安倍首相の実弟、岸信夫氏が『待ってました』とばかりに参院から山口2区に鞍替え出馬、当選した。安倍家の事情で、山本さんは知事に担ぎ出され、その職を辞めることも許されず、治療に専念できなかったことになる」(ジャーナリスト・横田一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る