またも人気取り 舛添都知事「禁煙条例」で3300億円損失

公開日: 更新日:

 このご時世、禁煙は褒められるものだ。しかし、パフォーマンスが透けて見えるとうさんくさい。舛添要一都知事が6年後の東京五輪に向けて禁煙条例を制定する意向を示したことだ。

 17日にフジテレビの番組に出演した舛添知事は、「飲食店でたばこが吸える先進国は日本だけ」とたばこ規制の緩さを批判した上で、「議会の協力を得て、(東京五輪までに禁煙の)条例を通したい」と語った。

 東京五輪に引っかけた“理論武装”はもっともらしいが、都福祉保健局保健政策部健康推進課によると、「今のところ具体的な指示はない」という。人気取りのパフォーマンスがミエミエだ。政治評論家の有馬晴海氏が言う。

「今年2月の知事選に出馬した舛添氏は、自民党との選挙協力で選挙違反疑惑や女性蔑視発言などの逆風をはね返して圧勝しましたが、次の選挙協力は微妙です。自力で戦うには今のうちに土台を固めておきたい。そこで、禁煙条例です。禁煙アピールは、有権者の8割を占める非喫煙者に響いて、女性受けもよく、医療費削減のPRにもなる。禁煙条例をアピールした裏には先を見据えた打算があるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る