「夏の終わり」がズレ込み…拉致被害者は本当に帰国するのか

公開日: 更新日:

「北朝鮮側はすでに12人の拉致被害者についての再調査を終えていて、いつでも出せる用意をしているとみています。しかし、報告の中身が問題。①死亡扱いされた拉致被害者8人②未入国とされた4人③特定失踪者④日本人妻や戦前からの残留者のうち、②~④については具体的な数字を盛り込んでいると思いますが、①は数字が入っていないのではないか。北にすれば<ちゃんと再調査したから新たな“ご褒美”をくれ>となるが、日本側は肝心の①の被害者がゼロ回答では受け入れ難い。特に安倍首相は今年7月の講演で<両親がめぐみさんを抱きしめる日がくるまで、私の使命は終わらない>と発言し、一国の総理がそこまで言うのだから、よほど自信があるのだと、国民に期待を持たせましたからね。もっとも、日本側が北朝鮮の調査を受け入れ、安倍首相が電撃訪朝する日程の調整で時間がかかっている可能性も残されてはいますが」

 今月2日、警察庁が新たに23人を拉致の可能性が排除できない行方不明者に追加し、計883人と発表したことが、「日本側が認識していなかった不明者が帰国することになり、慌てて人数を追加した」(前出の自民党関係者)という臆測を呼んでいる。

 結局、特定失踪者や行方不明者の何人かの帰国止まりで済まされることになるのか。その時、安倍は、国民が納得するような説明ができるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  8. 8

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  9. 9

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る