高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

迷走続きで「民主党最後の幹事長」になるのか

公開日:  更新日:

 誰が幹事長になろうと民主党再建は至難の業で、ここでその役目を引き受けることになった枝野幸男元官房長官には「お気の毒に」とでも声を掛けるしかない。それでも、海江田万里代表や大畠章宏前幹事長に比べれば、論理力、政策力、発信力がはるかに高いので、総選挙での敗北以来この2年近く「存在感ほぼゼロ」状態を続けてきた民主党に、少しははっきりした目鼻立ちをつける役割を果たすことが出来るかもしれない。

 私の見るところ、枝野幹事長にとっての最大の試練は、秋の2大知事選での立ち回り方と来春の統一地方選での野党の選挙協力の成否である。10月の福島県知事選は、民主・社民・連合が推す内堀雅雄副知事に対し、自民党は県連が鉢村健・元日銀福島支店長を日銀を退職させて擁立することを決めたにもかかわらず、本部が「それでは勝てない」と判断。何としても負けを避けるために内堀に“押しかけ相乗り”することで県連を屈服させた。だから勝利は間違いないが、これが自民党にとって事実上の敗北であることをはっきりさせるような勝ち方をしなければならないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る