ハワイ事故死の茅ケ崎副市長 やっぱり「公務中」じゃなかった

公開日:  更新日:

 米ハワイ・ホノルル市との姉妹都市締結式に参加していた茅ケ崎市の木村竹彦副市長(63)が海岸で事故死したと28日、市が発表した。ところが、市は「公務中の事故」と説明しながら、詳しい経緯については「遺族の強い希望で公表できない」としたため、ネット上では「公務中なのに、なぜ隠すのかなー」などと疑問の声が上がっていた。

 木村副市長が亡くなったのは25日(日本時間26日未明)の午前8時20分ごろ。締結式の翌日だったという。

「木村副市長が倒れていたのはデューク・カハナモクビーチというサーファーの間では伝説のビーチです。ハワイの地元紙『ホノルル・スター・アドバタイザー』は木村さんの事故について、<サーフィン中の男性の死亡を確認>という見出しで大きく記事にしていました」(ハワイ事情通)

■一転、「出張中のプライベートな時間」と謝罪

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る