井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<第1回>ヒラメ同士が話し合って危機を脱することができるのか

公開日: 更新日:

 とはいえ、そこで問われるのは能力や意欲というより、上司や有力な先輩の意向だ。つまり、上に気に入られるかどうかで出世が決まってしまう傾向がある。だから、多くの記者は上に逆らわず、「御意」「御意」を連発する。

 こんなお笑いの逸話も残っている。

「かつて社員旅行で地引き網をした際、網を引き揚げる前に、あらかじめ買ってきた『出世魚』を入れておいて、網を揚げた途端、『まるで部長の将来のようです』と皆で言った」(経済部OB)

 社会部や政治部でも似たり寄ったりだ。そして、政治部、経済部、社会部の出身役員が社長の椅子目指して権力闘争を展開する。

 いま、朝日社内では「戦後最大の危機を迎えている」と言われている。目を覆うばかりの不祥事を連発して週刊誌の餌食に遭っているが、その原因のほとんどは木村伊量社長の判断ミスと、サポートできない役員らの無能によって引き起こされたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  6. 6

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  7. 7

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る