六法全書手にフリーズ 事務方も参る上川法相のド素人答弁

公開日:  更新日:

 司法のトップが六法全書を片手にしどろもどろだった。4日の参院予算委員会で情けない姿をさらしたのは、上川陽子法相(61)。民主党の水岡俊一議員に「質問通告にはありませんが」と、いきなり「不起訴」と「起訴猶予」の違いを聞かれると、答えに窮して何度も審議を中断させた。

 発端は、西川農相が水岡議員に栃木県職員時代の収賄による逮捕歴を追及されたこと。逮捕後の処分について、西川農相は「私は全く罪を認めていない。不起訴だった」と強調。水岡議員は「当時の新聞報道には(罪を認めた上での)起訴猶予とある」と指摘した。

 ここで上川法相の出番。「あくまで一般論」として違いを聞かれたのに、「具体的な事例は答弁を差し控える」と答え、野党は反発。すると、上川法相は閣僚席で金縛り状態に。目で“助けて”と合図を送り、事務方に用意させた六法全書に目を落とすこと、3分。当然、審議は止まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る