解散ドサクサ紛れ 東国原氏が宮崎知事選に“参戦”の可能性

公開日:  更新日:

 世の中、解散・総選挙のニュースばかりだが、宮崎県知事選(12月4日告示、21日投開票)も注目だ。すでに立候補を表明している現職の河野俊嗣知事(50)の再選が濃厚とみられているが、前知事の東国原英夫氏(57)が出馬する可能性があるのだ。

「派手なウエアを着て、県内のアチコチでジョギングする姿も頻繁に目撃されています。先月上旬、メディアの取材に〈予定も計画もない〉と不出馬をにおわせましたが、同日選となれば注目度はグンと高まる。根っからの目立ちたがり屋ですからね」(地元メディア関係者)

 07年に宮崎県知事に就任し、「宮崎のために国のシステムを変える」とうそぶいて1期で退任。2カ月後の都知事選に出馬し、石原慎太郎元知事に敗れると、12年の衆院選で日本維新の会(当時)の比例近畿ブロックから初当選。それも1年で投げ出し、“浪人中”の身だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る