解散ドサクサ紛れ 東国原氏が宮崎知事選に“参戦”の可能性

公開日: 更新日:

 世の中、解散・総選挙のニュースばかりだが、宮崎県知事選(12月4日告示、21日投開票)も注目だ。すでに立候補を表明している現職の河野俊嗣知事(50)の再選が濃厚とみられているが、前知事の東国原英夫氏(57)が出馬する可能性があるのだ。

「派手なウエアを着て、県内のアチコチでジョギングする姿も頻繁に目撃されています。先月上旬、メディアの取材に〈予定も計画もない〉と不出馬をにおわせましたが、同日選となれば注目度はグンと高まる。根っからの目立ちたがり屋ですからね」(地元メディア関係者)

 07年に宮崎県知事に就任し、「宮崎のために国のシステムを変える」とうそぶいて1期で退任。2カ月後の都知事選に出馬し、石原慎太郎元知事に敗れると、12年の衆院選で日本維新の会(当時)の比例近畿ブロックから初当選。それも1年で投げ出し、“浪人中”の身だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る