「輝く社会」はデマカセ 消費増税先送りは女性イジメそのもの

公開日: 更新日:

 安倍政権が成長戦略の柱に掲げた「女性」たちは、増税先送りに胸をなでおろしている場合じゃない。

 首相自らブチ上げた「育児休業3年」「待機児童5年でゼロ」「上場企業に女性役員を1人」といった女性支援策を国会で議論しないまま、解散宣言。臨時国会に提出した「女性活躍推進法案」も解散で廃案確実だから、やる気はゼロだ。安倍首相の掲げる「女性が輝く社会」なんて口先だけのデマカセである。

 特に増税先送りのデメリットは、子育て中の女性に襲いかかる。

「保護者の就労の有無にかかわらず、乳幼児を受け入れる『認定こども園』という幼保一体型の施設があります。政府は来年度に始まる『子ども・子育て支援制度』で、『認定こども園』の支援を拡充する方針です。その財源に消費税から年間7000億円を充てる計画でしたが、増税を先送りすれば、財源不足は避けられません。安倍政権は『女性の就労支援』を訴えていますが、やっていることが真逆ですよ」(都内の保育園関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る