GDPも上方修正か 恐るべきインチキ官製相場が始まった

公開日:  更新日:

「いよいよ大官製相場が始まった」――浮かれる兜町関係者が大勢いる。

 衆院選が公示された2日の平均株価の終値は前日比73円12銭高の1万7663円22銭。3日も続伸し、前日比57円高の1万7720円で引けて今年最高値をまた更新した。リーマン・ショック前の07年7月以来、ほぼ7年4カ月ぶりの高値水準だ。

 もちろん、選挙を意識した官製マネーが入っているのだろうが、“仕掛け”はそれだけじゃない。選挙期間中の8日に内閣府が公表する7-9月期GDP改定値が、上方修正される見通しなのである。

 今月1日に出そろった民間シンクタンク13社の平均予測値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比年率換算で0.5%減だった。この予測通りならば、1.6%減と想定外の大幅マイナス成長となった政府の速報値は大幅改善されることになる。株価は上昇し、これがまた安倍自民の追い風になるという展開だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る