GDPも上方修正か 恐るべきインチキ官製相場が始まった

公開日: 更新日:

「いよいよ大官製相場が始まった」――浮かれる兜町関係者が大勢いる。

 衆院選が公示された2日の平均株価の終値は前日比73円12銭高の1万7663円22銭。3日も続伸し、前日比57円高の1万7720円で引けて今年最高値をまた更新した。リーマン・ショック前の07年7月以来、ほぼ7年4カ月ぶりの高値水準だ。

 もちろん、選挙を意識した官製マネーが入っているのだろうが、“仕掛け”はそれだけじゃない。選挙期間中の8日に内閣府が公表する7-9月期GDP改定値が、上方修正される見通しなのである。

 今月1日に出そろった民間シンクタンク13社の平均予測値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比年率換算で0.5%減だった。この予測通りならば、1.6%減と想定外の大幅マイナス成長となった政府の速報値は大幅改善されることになる。株価は上昇し、これがまた安倍自民の追い風になるという展開だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る