GDPも上方修正か 恐るべきインチキ官製相場が始まった

公開日:  更新日:

「いよいよ大官製相場が始まった」――浮かれる兜町関係者が大勢いる。

 衆院選が公示された2日の平均株価の終値は前日比73円12銭高の1万7663円22銭。3日も続伸し、前日比57円高の1万7720円で引けて今年最高値をまた更新した。リーマン・ショック前の07年7月以来、ほぼ7年4カ月ぶりの高値水準だ。

 もちろん、選挙を意識した官製マネーが入っているのだろうが、“仕掛け”はそれだけじゃない。選挙期間中の8日に内閣府が公表する7-9月期GDP改定値が、上方修正される見通しなのである。

 今月1日に出そろった民間シンクタンク13社の平均予測値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比年率換算で0.5%減だった。この予測通りならば、1.6%減と想定外の大幅マイナス成長となった政府の速報値は大幅改善されることになる。株価は上昇し、これがまた安倍自民の追い風になるという展開だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る