アベクロを風刺 兜町で広まる「江戸恋しぐれ」の出来栄え

公開日:  更新日:

 金融市場や兜町でちょっとした“替え歌”が広まっている。都はるみと岡千秋のデュエット「浪花恋しぐれ」をもじった「江戸恋しぐれ」というタイトルで、安倍首相と日銀の黒田東彦総裁の関係を風刺したものだ。

 これは歌の1番の男性のセリフ部分。

~そりゃわいはアホや 靖国行くし 財務も泣かす

~せやかてそれもこれも みんな国民のためや 今に見てみい わいは世界一になったるんや 世界一やで

~わかってるやろ お東(おはる) なんやそのしんき臭い顔は

~緩和や! 緩和や! 国債買うてこい!!

 安倍首相が黒田総裁に金融緩和を迫る内容だ。自信満々で世界に向けて追加緩和を打ち出した黒田総裁の心境としては、「あとは財政再建を任せた」と安倍首相にバトンを渡したつもりだったろう。だが、消費税の再増税を延期するための衆院解散で肩透かしを食った。そんな黒田総裁の苦しい胸のうちは、2番のセリフでこう表現されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る