塩村文夏都議が語る“セクハラやじ”騒動の余波と今年の抱負

公開日:  更新日:

「結婚したほうがいいんじゃないか」――6月の都議会で、セクハラやじを浴びた塩村文夏都議。注目を集めたせいで、週刊誌にあれこれ書き立てられもした。所属のみんなの党も解党……大丈夫ですか? 本人に聞いてみた――。

「『1000万円もらって御曹司と別れた』とか『赤いレクサスをもらった』など、いろいろ書かれましたが、事実無根です。過去の通帳まで弁護士に見られて、そういうお金の出入りがないことも確認された。レクサスは自動車ライター時代に自分で買ったもので、いまも自分でローンを払っています(笑い)。ないことないこと書かれて、困りましたね。

 私の行きつけのお店に記者の人が押しかけて、迷惑がかかったりとか。サイバー警察の人から、『ネット上の誹謗中傷がひどいから、通報したほうがいい』と、逆に心配されたほどです。

 解党? まだ1年生で党内のゴタゴタに関わる暇もなかったので、よく分からないまま解党だ、と。『えっ!?』って感じでした。ただ無駄の削減を訴えてきた党なので、内輪モメを長引かせず交付金も返納してと、いまとなれば“らしい”かなとも思います。今後は動物愛護、女性施策、私は被爆2世なので脱原発といったテーマをやらせてもらえる党があれば、そこで頑張りたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る