「穴あきコンドーム配れ」新城市議の呆れるセクハラやじ批判

公開日: 更新日:

 今度は地方の市議会で飛び出した。愛知県新城市の長田共永市議(49=無所属)が、6月定例会の一般質問で「婚姻届を出した人に穴の開いたコンドームを配るとか、子どもを産んだ人には特産のジネンジョで、もういっちょだ」などと発言していたことが分かり、物議を醸している。

 長田氏は87年に愛知学院大を卒業後、家具店で社員として働き、05年の市議選で初当選。現在3期目を務める。同市議会の間では「熱血漢で、ざっくばらん」といわれる一方、「発言が受け狙いや、下ネタに偏りがち」という声も。

■「実現してほしい意図はない」って

 長田氏は日刊ゲンダイ本紙の直撃に対し、こう語った。
「必ず実現してほしいという意図はありません。ただ、親しみやすい市役所をつくりたく、新城市のPRの一環として提案しました。若い男女へのエールにと思いましたが、少し砕け過ぎたかもしれません…。不快な思いをさせてしまったのならお詫び申し上げたい。引き続き公務に従事していきたいと考えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る