外務省緊急対策本部 “司令塔”はストレスに弱く入院の過去

公開日:  更新日:

 人質2人の“殺害予告動画”が出るまで数カ月間、ほったらかしだった外務省。慌てて、岸田外相を本部長とする緊急対策本部を設置し、中山外務副大臣をヨルダンの現地対策本部長にしたが、中山氏は単なるスポークスマンに過ぎない。

「外務省の実質的な“司令塔”は上村司・中東アフリカ局長(57)です。東大在学中に外交官試験にパスし、81年に入省。03年にイラクで日本人外交官射殺事件が起きた時は、イラク臨時代理大使を務めていました。中東の部族長に直で電話できる、国際的にも数少ない“中東のスペシャリスト”といわれています」(外務省関係者)

 経歴上はタフな交渉にうってつけの人物に思えるが、実際は“ガラスのハート”だ。

「上村さんは中東第1課長を経て、01年に当時の田中真紀子外相の秘書官になりましたが、わずか2週間でイビリに耐えられずに吐血し、入院。その後、5カ月間の自宅療養を余儀なくされました。サウジアラビア大使館勤務など中東で揉まれていたので、ストレスに強いタイプと思われていたのですが」(前出の外務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る