• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後藤さん解放は長期化必至か イスラム国に翻弄される日本

「さもなくばケンジが次だ」――。拘束されている後藤健二氏の妻は29日深夜、ロイター通信などを通じて英語の音声メッセージを発表。イスラム国からヨルダンで収監中の死刑囚の釈放を世界に訴えるよう要求されたことを打ち明けた。妻の願い虚しく、解放交渉は膠着状態。渦中のヨルダン軍パイロットの安否次第で、事件はさらなる長期化の様相を呈しつつある。

 妻が声明を発表したのは、イスラム国が交渉リミットとした「29日の日没(現地時間)」の2、3時間前。拘束動画の公開以降、犯人側から何度もメールが送られてきたことを明かした。

 今回初めて声明を発表した理由を「夫を拘束した組織から最後とみられる要求が送られてきた」ためと説明したが、死刑囚は日本時間30日正午現在、まだヨルダン国内にいる。殺害を予告されたパイロット、カサスベ中尉の安否も依然としてつかめていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る