木嶋佳苗の相手は60代会社員 「獄中結婚」望む人の複雑な心理

公開日:  更新日:

 男性3人の殺害容疑で死刑判決を受けた木嶋佳苗被告(40=上告中)が獄中結婚していたことで、世間はびっくり仰天だ。相手の男性は都内の不動産会社に勤める60代のサラリーマン。2年前から10回ほど手紙のやりとりをし、昨年11月に木嶋被告のほうから「恋人になってくれませんか?」と切り出した。今年2月に婚姻届を出し、3月2日に認められたという。

 これまで一般人が塀の中の人と結婚したケースはいくつかある。古くは連続射殺犯の永山則夫(1997年に死刑執行)。80年に日本とフィリピンのハーフ女性と入籍した。池田小事件の宅間守(04年に死刑執行)も03年に支援者の女性(当時32)と入籍。女性は宅間に励ましの手紙や金銭を送っているうちに「心の支えになりたい」と考えるようになったという。

 映画では長門裕之演じる死刑囚と一般女性(浅丘ルリ子)が結婚する「愛と死のかたみ」(62年)や、豊川悦司が死刑囚で小池栄子が彼と結婚するOLを演じた「接吻」(08年)などがある。獄中結婚はロマンチックなジャンルらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る