日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

「国体護持」を想起させる政権の思考回路

 安保関連法案に反対する抗議デモが連日連夜、国会を取り囲んでいるようだが、地方だって黙っていない。私が住む広島でも、地方枠のテレビニュースは安保一色。法案に反対する地元の抗議集会を取り上げる機会が増えた。「戦争法案絶対反対」の大波は確実に全国に押し寄せている。そんな強烈な向かい風に逆らうかのように飛び出したのが、イソザキなる首相補佐官の妄言だ。安保法案について、〈考えないといけないのは、この国を守るために必要な措置かどうか。法的安定性は関係ない〉という発言を素直に解釈すれば、「国を守ることは、憲法に勝る」ということになる。

 目的に正当性があれば、法の縛りを無視しても構わないかのような発想には、権力者の驕りしか感じられない。イソザキは安倍首相が自ら補佐官に任命した人物だ。いわば「親衛隊」に近い存在である。首相本人は国会答弁で否定していたが、恐らく親衛隊と一緒に「ルール無用」の考えを共有しているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事