高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

ユーロ圏で顕在化した主権喪失の危うさ

公開日: 更新日:

 反緊縮派の勝利で、ギリシャのデフォルト(債務不履行)がいよいよ現実味を増してきたが、日本の債務状況は欧州の老大国以上に深刻なレベルに達している。

 ギリシャの政府債務残高は2015年3月時点で3130億ユーロ(約42兆円)。対GDP比は177%だった。一方、日本の政府債務残高は1000兆円を超え、対GDP比229%と、数字の上では破綻国家ギリシャをはるかに凌駕している。

 かような危険水域に達しながら、日本が破綻を免れているのは、ギリシャが手放した権利を保有していることが、大きな理由のひとつだ。つまり、通貨発行と金融政策の自主権である。

 ギリシャ・ショックがあぶり出したのは、EU参加国の「主権喪失」の危うさだ。統一通貨を使うため、独立国としての基本政策である通貨発行権を放棄する。ユーロ圏内の各国は自国通貨でありながら、ユーロの供給量の調節など金融政策を自由に行使できない。その結果、財政状況に不測の事態が生じると、瞬く間に国家経済がコントロール不能に陥ってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る