配色がウリふたつ 東京五輪エンブレムに“第2のパクリ疑惑”

公開日:  更新日:

 東京五輪のエンブレムのデザインを巡って、“盗作”疑惑を持たれている佐野研二郎氏(43)。ベルギーのリエージュ劇場のエンブレムをデザインしたオリビエ・ドビさん(52)が、「驚くほど似ている」とSNSで指摘し大きな波紋を呼んでいる。

 その佐野氏に新たなバッドニュースだ。今度はスペインのデザイン事務所の作品を“パクった”疑惑が浮上している。作品を作ったのは、バルセロナにある「ヘイ・スタジオ」で、「rebuild japan」という題名。

 東日本大震災の寄付を募る目的で作られたスマホ用の壁紙だ。佐野氏の作品と比べると赤い円をはじめ、金、黒と配色がウリ二つ。リエージュ劇場のエンブレムと足して2で割ったように見えなくもない。

 佐野氏は多摩美術大を卒業後、博報堂勤務を経て、2008年にデザイン事務所「MR_DESIGN」を設立。これまで多くの広告作品や、日光江戸村の「ニャンまげ」などのキャラクターデザインを手掛けた。まさか、“パクリ”に手を染めてしまったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る