• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

側近2人をかばう首相の我が身かわいさ

 どうして、とんでもないミスを犯した彼らをかばうのだろう。野党が礒崎補佐官と下村文科相の更迭を求めても、安倍首相は拒み続けている。

 ひとりは「法的安定性は関係ない」と、憲法順守という国会議員の義務に背いた妄言を吐き、もうひとりは新国立競技場問題の迷走により、62億円もの国費を回収不能に陥らせた責任者だ。どちらもしかるべく責任を取るべきだが、首相は二言目には「責任は私にある」などと言って、野党の更迭要求を拒否する。責任は自分にあると言うのなら、「だったら、首相が辞めろよ」と言いたくもなる。2人をかばうことで、いったい首相は何を守ろうとしているか。

 昨年秋に安倍首相は「政治とカネ」の問題で、就任間もない小渕・松島両大臣のクビをスパッと切ったものだ。はたして礒崎・下村両氏と、彼女たちのクビの重さにどれだけの違いがあるのだろう。そりゃあ、当時と比べると、現在の内閣支持率はツルベ落とし。不支持率の数字と逆転し、首相の顔色も悪くなるばかり。電光石火で政権の中枢メンバーを辞任させるだけの求心力は、失せているのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る