高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

側近2人をかばう首相の我が身かわいさ

公開日:  更新日:

 どうして、とんでもないミスを犯した彼らをかばうのだろう。野党が礒崎補佐官と下村文科相の更迭を求めても、安倍首相は拒み続けている。

 ひとりは「法的安定性は関係ない」と、憲法順守という国会議員の義務に背いた妄言を吐き、もうひとりは新国立競技場問題の迷走により、62億円もの国費を回収不能に陥らせた責任者だ。どちらもしかるべく責任を取るべきだが、首相は二言目には「責任は私にある」などと言って、野党の更迭要求を拒否する。責任は自分にあると言うのなら、「だったら、首相が辞めろよ」と言いたくもなる。2人をかばうことで、いったい首相は何を守ろうとしているか。

 昨年秋に安倍首相は「政治とカネ」の問題で、就任間もない小渕・松島両大臣のクビをスパッと切ったものだ。はたして礒崎・下村両氏と、彼女たちのクビの重さにどれだけの違いがあるのだろう。そりゃあ、当時と比べると、現在の内閣支持率はツルベ落とし。不支持率の数字と逆転し、首相の顔色も悪くなるばかり。電光石火で政権の中枢メンバーを辞任させるだけの求心力は、失せているのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る