臨床心理士・矢幡洋氏が分析する「異常犯罪」続発の裏側

公開日:  更新日:

 大阪・寝屋川市の中1男女死体遺棄事件で、契約社員の山田浩二容疑者(45)が12日、ようやく殺人の疑いで再逮捕された。2月に川崎市で起きた中1男子殺害事件しかり、最近、理解に苦しむ残忍な犯罪が続発している。テレビのコメンテーターでもお馴染み、犯罪心理に詳しい臨床心理士に「理由」を聞いた。

■“ブレーキ”が効かないのが特徴

――山田容疑者は13年前にも男子中高生らを監禁する事件を起こしていました。昨年出所して、すぐに再犯。それも被害少女を30カ所以上も刃物で傷つけたうえ、殺害するという残忍さです。

 非常にサディスティックですね。相手を殴ってストレスを発散するという単純な攻撃性というより、自分より弱者を執拗にいたぶることに快感を覚えているように思います。13年前の事件でも少年の顔をライターの火であぶったりしていた。相手が怯える姿を見て楽しんでいたのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る