• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

臨床心理士・矢幡洋氏が分析する「異常犯罪」続発の裏側

 大阪・寝屋川市の中1男女死体遺棄事件で、契約社員の山田浩二容疑者(45)が12日、ようやく殺人の疑いで再逮捕された。2月に川崎市で起きた中1男子殺害事件しかり、最近、理解に苦しむ残忍な犯罪が続発している。テレビのコメンテーターでもお馴染み、犯罪心理に詳しい臨床心理士に「理由」を聞いた。

■“ブレーキ”が効かないのが特徴

――山田容疑者は13年前にも男子中高生らを監禁する事件を起こしていました。昨年出所して、すぐに再犯。それも被害少女を30カ所以上も刃物で傷つけたうえ、殺害するという残忍さです。

 非常にサディスティックですね。相手を殴ってストレスを発散するという単純な攻撃性というより、自分より弱者を執拗にいたぶることに快感を覚えているように思います。13年前の事件でも少年の顔をライターの火であぶったりしていた。相手が怯える姿を見て楽しんでいたのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る