• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SEALDs奥田さんに“殺害予告” 今こそ問われる警察の存在意義

 これは民主主義に対する挑戦じゃないか。安保法案の反対運動を展開してきた学生団体「SEALDs(シールズ)」の奥田愛基さん(23)が28日、自身と家族に対する殺害予告が届いたことを明らかにした。

<学校の方に、僕と家族に対する殺害予告が来ました。なんか、僕だけならまだしも、なんで家族に対してもそうなるのか…。何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌なので、一応身の回りに用心して、学校行ったりしてます。被害届等、適切に対応してます>

 ツイッターにこう書き込んだ奥田さんは、呆れた様子で日刊ゲンダイにこう言った。

「安保法案に反対運動しているだけで『殺害予告を出す』という空気感が残念です。法案に賛成、反対以前の問題です。学生が活動することが、生意気で許さないという雰囲気が許せません。屈せず、思いを伝えたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る