軍部を彷彿させる安倍政権 ユネスコに“イチャモン”の傲慢

公開日: 更新日:

 安倍政権がユネスコに“脅し”をかけている。中国が申請した「南京大虐殺」に関する資料が世界記憶遺産に登録されたことを受け、ユネスコに対する日本の分担金や拠出金の「支払い停止」を言い出した。

 上から目線なのにはワケがあって、昨年度のユネスコ予算の日本の分担金は、約37億2000万円。分担率はトップの米国(22%)に次ぐ約11%だが、米国は現在支払いを停止している。日本が事実上の“筆頭株主”なのだ。

「安倍政権は再三、南京大虐殺の資料を登録しないよう、ユネスコに“圧力”をかけてきたのに、分担率6位(5%)の中国にしてやられた。要するに『筆頭株主の言うことを聞け。じゃなきゃカネは出さん』というわけです」(官邸事情通)

 菅官房長官は12日放送のBSの番組で「(登録は)密室で行われ、法律に基づくものでもない。透明性や公平性をもっと出すべきだ」とユネスコに噛みついていた。が、ちょっと待て。登録の是非はさておき、それってそのまま安倍政権のことじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  9. 9

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  10. 10

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

もっと見る