日の丸・君が代の強制側に ヤンキー先生「文科副大臣」の笑止

公開日:  更新日:

 元ヤンキーが副大臣とは大した出世だ。「ヤンキー先生」こと自民党の義家弘介衆院議員(44)が文部科学副大臣に就任した。

 すっかり“教育者の代表”みたいな顔をしているが、チャンチャラおかしい。

 義家氏といえば、親にも暴力を振るうヤンキーだったが更生し、北海道の母校・北星学園余市高の教師に。その経緯がドラマになったのはご存じの通りで、05年に退職後は横浜市教委の教育委員、政府の教育再生会議担当室室長を経て、07年の参院選で初当選した。

「参院選に出馬の意思がないということで、法務省が800万円以上をかけて、義家氏を起用したPRビデオを制作しました。それなのに出馬したせいで、ビデオを回収する羽目になった。週刊誌には〈裏切りの血税800万円ビデオ〉と報じられました」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る