日の丸・君が代の強制側に ヤンキー先生「文科副大臣」の笑止

公開日: 更新日:

 元ヤンキーが副大臣とは大した出世だ。「ヤンキー先生」こと自民党の義家弘介衆院議員(44)が文部科学副大臣に就任した。

 すっかり“教育者の代表”みたいな顔をしているが、チャンチャラおかしい。

 義家氏といえば、親にも暴力を振るうヤンキーだったが更生し、北海道の母校・北星学園余市高の教師に。その経緯がドラマになったのはご存じの通りで、05年に退職後は横浜市教委の教育委員、政府の教育再生会議担当室室長を経て、07年の参院選で初当選した。

「参院選に出馬の意思がないということで、法務省が800万円以上をかけて、義家氏を起用したPRビデオを制作しました。それなのに出馬したせいで、ビデオを回収する羽目になった。週刊誌には〈裏切りの血税800万円ビデオ〉と報じられました」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  5. 5

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  6. 6

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  7. 7

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る