3年でここまで変わった 安倍首相の人相・むくみ・ドス黒さ

公開日:  更新日:

 安倍首相が7日、行った内閣改造の記者会見。新内閣で何を目指すのか、何を語るのかが注目されたのは当然として、もうひとつ、大きな関心事だったのが安倍首相の「顔色」と「むくみ」だ。改造前にまたぞろ、健康不安説が飛び交っていたからである。

 2枚の写真。右側は先月の総裁選再選後の記者会見。左側は2012年12月の第2次内閣発足直前の安倍首相。つまり、首相に返り咲く少し前のものだ。

 2枚を見比べるとハッキリわかるのが目の下のくまや頬のたるみ。顔全体に広がるシワの多さ。アゴのたるみ、ほうれい線の深さである。

 一見して、疲れ切っているように見える。顔全体がむくんでいるのもわかる。

 驚くのは、こんな情報もあることだ。

「首相はテレビ出演のときはドーランを塗る。見た目が良くなるので、会見のときもそうしているともっぱらです。化粧して、この顔色やむくみだとすれば、生の顔は相当、深刻かもしれない」(官邸事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る