高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

世界中の選挙が女同士の戦いになる予感

公開日: 更新日:

 まだ居酒屋政談の域は出ないけれども、自民党ではポスト安倍、民主党ではポスト岡田を誰にするのかという議論が始まっていて、それこそ新橋の居酒屋でベテラン政治記者にその感触を聞いた。

 自民党内の空気は意外に微妙で、安倍晋三首相が18年9月の任期いっぱいまで務められると思っている人はむしろ少ない。本はといえば、安保法制を成し遂げ、その勢いに乗って来夏参院選では与党で3分の2以上を確保して、明文改憲への道をひらくというのが安倍の願望だった。しかし「安保法制は違憲」という世論の広がりと国会デモの盛り上がりに、安倍自身がすっかりなえてしまって、改憲目標は棚上げとなった。安保も憲法も言わずに、経済一本で成果をアピールして参院選を乗り切りたいという方向に傾いているが、その経済がますますうまくいかない。下手をすると、参院選大敗、安倍退陣もあり得るので、その時にどうするか各派領袖は考え始めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  8. 8

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る