高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

世界中の選挙が女同士の戦いになる予感

公開日:  更新日:

 まだ居酒屋政談の域は出ないけれども、自民党ではポスト安倍、民主党ではポスト岡田を誰にするのかという議論が始まっていて、それこそ新橋の居酒屋でベテラン政治記者にその感触を聞いた。

 自民党内の空気は意外に微妙で、安倍晋三首相が18年9月の任期いっぱいまで務められると思っている人はむしろ少ない。本はといえば、安保法制を成し遂げ、その勢いに乗って来夏参院選では与党で3分の2以上を確保して、明文改憲への道をひらくというのが安倍の願望だった。しかし「安保法制は違憲」という世論の広がりと国会デモの盛り上がりに、安倍自身がすっかりなえてしまって、改憲目標は棚上げとなった。安保も憲法も言わずに、経済一本で成果をアピールして参院選を乗り切りたいという方向に傾いているが、その経済がますますうまくいかない。下手をすると、参院選大敗、安倍退陣もあり得るので、その時にどうするか各派領袖は考え始めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る