改革案発表も…売る物がない「東芝」に未来はあるのか

公開日:  更新日:

 不正会計で揺れる東芝は21日、通期の見通しや構造改革などを発表した。来年3月期の1年間のグループ全体決算は最終損失が5500億円と過去最大の赤字になる見通しで、白物家電やテレビ事業を中心に国内外で7800人規模のリストラもする。そうやって来年度から業績を回復したい考えなのだが、改めて鮮明になってきたのが、白物家電の絶望的な行く末だ。

 今月7日、東芝の室町正志社長は白物家電の事業について他社への売却や統合を含めて検討していることを表明、シャープとの統合も取りざたされているが、「弱者連合に未来はない」と切り捨てられている。

 実際、日本電機工業会が発表した「白物家電5品目の世界需要調査」(2007~13年)によると、この間の平均伸長率は、ルームエアコンが4.9%、電気冷蔵庫で1.8%、電気洗濯機で1.4%、電気掃除機で3.0%、電子レンジで0.9%で微増だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る