また愚策を復活か “国営マンガ喫茶”という税金のムダ遣い

公開日:  更新日:

 懲りない連中だ。超党派の「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」(会長・古屋圭司自民党衆院議員)が、先週、アニメやマンガ作品を収集・展示する施設の設立を求める決議をまとめ、大島衆院議長と菅官房長官にそれぞれ提出した。

 施設は「MANGAナショナル・センター」(仮称)。議連は年間運営費を約1.5億円、来場者数を年間約50万人と見込み、2020年春までにオープンさせる――ともくろんでいるが、チョット待て。民間資金を活用とかナントカ言っているが、計画自体は、09年の麻生政権が突然、ブチ上げたものの、国民から「税金の無駄遣い」「国営マンガ喫茶」と猛批判を浴びて廃止となった当時の「国立メディア芸術総合センター」と変わらない。09年よりも今の方が財政が厳しいのに、またぞろ、愚策を“復活”させようなんて正気の沙汰じゃない。しかも、よりによって議連の最高顧問は、麻生財務相というから、これぞマンガだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る