「スター・ウォーズ」旋風仕掛けるディズニーのアノ手この手

公開日:  更新日:

 映画界の書き入れ時となる年末年始は話題作がわんさか。とりわけ今年は何といってもSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」だが、その力の入れようが半端ではない。

 来月18日に全世界同時公開となるシリーズ7作目「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(J・J・エイブラムス監督)。今作から配給元となったディズニーが異例ともいうべき上映館の公募を行ったところ、全国365館の劇場が手を挙げたのだ。

 興行成績を左右するスクリーン数も相当だ。同作品は大スクリーン、大音響のIMAX3Dや4DX、MX4Dといった映像に連動して座席が動いたり、風や香りなどの特殊効果が体感できる上映システムでも楽しめ、「劇場によっては設備の異なる複数のスクリーンでの上映が行われ、800~900スクリーンでかけられる可能性もある。全国のスクリーン数は3400弱、かなりの占有率といえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る