「スター・ウォーズ」旋風仕掛けるディズニーのアノ手この手

公開日:  更新日:

 映画界の書き入れ時となる年末年始は話題作がわんさか。とりわけ今年は何といってもSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」だが、その力の入れようが半端ではない。

 来月18日に全世界同時公開となるシリーズ7作目「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(J・J・エイブラムス監督)。今作から配給元となったディズニーが異例ともいうべき上映館の公募を行ったところ、全国365館の劇場が手を挙げたのだ。

 興行成績を左右するスクリーン数も相当だ。同作品は大スクリーン、大音響のIMAX3Dや4DX、MX4Dといった映像に連動して座席が動いたり、風や香りなどの特殊効果が体感できる上映システムでも楽しめ、「劇場によっては設備の異なる複数のスクリーンでの上映が行われ、800~900スクリーンでかけられる可能性もある。全国のスクリーン数は3400弱、かなりの占有率といえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る