同席者が大トラ騒動 “浪速のエリカ”上西議員は今や疫病神

公開日: 更新日:

 今年、国会サボリ疑惑で話題となった“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員。つい最近、元秘書が実名で「病欠はウソ」と告発したが、話題は尽きない。上西議員と飲んでいた大阪維新の会の大阪府議が泥酔し、警察に一時保護される“大トラ”騒動を起こしたのだ。上西議員と関わるとロクなことがない。

 関係者によると、この府議は山本大氏で上西議員の地元(大阪7区)の選出。山本府議は13日未明、泥酔状態でタクシーに乗車し、道を間違えたとして、運転手の座席を蹴ったという。運転手の通報で、山本府議は大阪府警に一時保護された。維新は22日、山本府議を党員活動停止3カ月間の処分に加え、「任期中に飲酒した場合、党を除名になっても異議を申し立てない」との誓約書を取った。

 この山本府議と一緒に飲んでいたのが上西議員だったのである。他にも上西議員の地元選出の地方議員も出席していたというが、なぜ維新を除名になった上西議員が維新の現職府議と飲むのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る