日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同席者が大トラ騒動 “浪速のエリカ”上西議員は今や疫病神

 今年、国会サボリ疑惑で話題となった“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員。つい最近、元秘書が実名で「病欠はウソ」と告発したが、話題は尽きない。上西議員と飲んでいた大阪維新の会の大阪府議が泥酔し、警察に一時保護される“大トラ”騒動を起こしたのだ。上西議員と関わるとロクなことがない。

 関係者によると、この府議は山本大氏で上西議員の地元(大阪7区)の選出。山本府議は13日未明、泥酔状態でタクシーに乗車し、道を間違えたとして、運転手の座席を蹴ったという。運転手の通報で、山本府議は大阪府警に一時保護された。維新は22日、山本府議を党員活動停止3カ月間の処分に加え、「任期中に飲酒した場合、党を除名になっても異議を申し立てない」との誓約書を取った。

 この山本府議と一緒に飲んでいたのが上西議員だったのである。他にも上西議員の地元選出の地方議員も出席していたというが、なぜ維新を除名になった上西議員が維新の現職府議と飲むのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事