日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

共産党が1人区候補取り下げ 「野党共闘」民主党どうする?

 共産党の思い切った決断を、今度こそ民主党は真摯に受け止められるのか――。共産党は20日、党本部で臨時幹部会を開き、32ある参院選1人区で候補者を取り下げる方針で一致した。「国民連合政府」構想を横に置き、「安保法廃止」を旗印に野党共闘して、とにかく候補者を一本化する決意を示したわけだ。

 野党共闘では、民主と維新の合流話が先行しているが、解党するのかどうかや合流後の党名で揉め、ゴタゴタが続いている。煮え切らない状況にズバリ的を射た発言をしたのが社民党の又市幹事長だ。20日の党大会でこう言った。

「落ち目の三度笠の2つが一緒になっても倍にならない」

「選挙区で1人の候補者を支援する形をつくり上げることこそ、今求められている。合流が破綻した場合、野党共闘をぶっ壊す空気になりかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事