6代目vs神戸 山口組全面抗争「号砲Xデー」は弘道会銃撃

公開日: 更新日:

「ただの小競り合いでは済まなくなってきた。それだけは確かだな」と都内の暴力団関係者は吐き捨てるように言う。山口組「6代目」VS「神戸」のドンパチが一気に過熱してきている。

「(6代目系の組員が)2月23日に正木組事務所(福井県)に5発撃ち込んだろ。正木組の組長といえば神戸の総本部長、つまり最高幹部で、6代目側への切り崩し工作の陣頭指揮を執ってるんだ。分裂抗争のキーパーソンに対する意趣返しというわけで、これで緊迫度が一段と増した。ピリピリしてるのは福井のヤクザだけじゃないよ」(前出の暴力団関係者)

 27日未明には、神奈川県厚木市の6代目系の関係ビルにトラックが突っ込み、同日夜には、埼玉県八潮市の神戸系の組長宅に銃弾が撃ち込まれ、さらに東京都足立区の路上で神戸系の組員が複数人に催涙スプレーを噴射され、ボコボコに殴られる事件が発生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る