司忍組長「引退」発表か 6代目山口組“人事刷新”シナリオ

公開日:  更新日:

 5日、神戸の山口組総本部で開催される定例会合で“電撃発表”があるという。司忍組長は引退、6代目山口組は人事を刷新して、新体制で神戸山口組との“山菱抗争”に臨むというものだ。分裂直後から“極秘シナリオ”として囁かれてきた内容だが、実際に発表されたら激震が走りそうだ。

 暴力団に詳しい元兵庫県警刑事の飛松五男氏が言う。

「五分五分の可能性で司組長の引退はあると思う。6日後に伊勢志摩サミットの外相会合を控え、警察当局は山口組の抗争激化に神経をとがらせています。暴対法に基づき、6月23日に6代目山口組に対する再指定を、神戸山口組も遅くとも6月までに指定団体にしようとしています。司忍組長は組長の使用者責任を回避すべく、先手を打って引退するつもりでしょう。そうすれば一時的に分裂騒動は沈静化し、“サミット休戦”が実現する。本格抗争に発展して“鉄砲玉”を命じられるのではないかと、内心ヒヤヒヤしている両組織の構成員も落ち着きを取り戻す。警察と2つの山口組組織の3方にとってメリットがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る