“頂上作戦”か 「弘道会本部」ガサ入れした警察の真の狙い

公開日: 更新日:

 ついに“頂上作戦”の始まりか――。21日、三重県警組織犯罪対策課が、「6代目山口組」の司忍組長の出身母体・弘道会本部(名古屋市)を家宅捜索した。弘道会本部へのガサ入れは、警察庁が7日、「6代目山口組」と「神戸山口組」の対立を“抗争”と認定してから初めて。捜査員ら約80人が本部に入り、段ボール2箱分の資料を押収した。

 三重県警のガサ入れは、2月20日に三重県松阪市で神戸側の組員が暴行された傷害事件の関係先として行われた。しかし、“本丸”に乗り込んだ本当の目的は他にもありそうだ。ひとつは、6代目側の中核を担う直参組長2人が立て続けに帰還を果たし、「菱軍団」の“戦時体制”が整ったことだ。

「大阪府警に逮捕されていた橋本弘文統括委員長が3月10日に処分保留で釈放され、7日は大原宏延本部長も兵庫県警に釈放されて元気な姿を見せました。2人は6代目山口組の実質ナンバー2、ナンバー3とも言うべき大幹部。3月5日は全国の直参組長が山口組総本部に集結し、『定例会』も開催されました」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る