山口組抗争はヤラセ? 小競り合いの裏に見える組員の本音

公開日:  更新日:

 警察庁が抗争状態にあると認定した「6代目山口組」VS「神戸山口組」。各地で両組織の小競り合いが続発し、25日も大阪市浪速区の山口組系事務所前で軽自動車の後輪タイヤが不審火で燃える事件が発生した。もはや「血の抗争」は秒読み――のような緊迫感が漂っているが、実はそうじゃないらしい。

 関西地方の暴力団関係者がこう言う。

「メディアは盛んに抗争をあおるが、今、起きていることは、2次や3次団体の組員がケンカしたり、事務所に車が突っ込んだりしているだけ。こんなのは抗争じゃない。そもそも、この世界の“常識”なら、杯を返して絶縁、破門された連中が山口組を引き続き名乗り、活動しているのは論外だ。一昔前なら、とっくに全面抗争だし、死人も出ているだろう。そういう展開になっていないのは、6代目、神戸とも『血の抗争』なんて本気で考えていないからだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る