• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年内に100カ国参加 中国「AIIB」はなぜ急拡大したのか

 中国が昨年末、新興国への投資を目的に発足させた「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」。参加国が、当初の57カ国から年内をメドに100カ国近くまで増える見通しというから驚きだ。

 新たな参加国は、インフラ需要が旺盛な中東やアフリカ周辺に位置する新興国が中心とみられる。日米が主導し、現在67カ国が加盟する「アジア開発銀行(ADB)」の参加国数を、たった1年で一気に抜き去るワケだ。急拡大の要因は、中国サイドによる“ワイロ”が大きく影響しているようだ。

「中国企業の間では、取引相手を巧妙にワイロ漬けにし、ビジネスを有利に進める“文化”がある。中国以外の新興国内の商取引でも、ワイロが飛び交うのが当たり前。“文化”は新興国同士の取引においても同様とみられます。一方、先進国の間では、正常な取引を阻害する不正な贈収賄を排除するのが常識です。新興国の上層部は、『収賄の恩恵に浴したい』という下心を抱き“文化”に理解のある中国が相手だからこそ、AIIBの参加に手を挙げたのでしょう」(在中ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る