年内に100カ国参加 中国「AIIB」はなぜ急拡大したのか

公開日: 更新日:

 中国が昨年末、新興国への投資を目的に発足させた「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」。参加国が、当初の57カ国から年内をメドに100カ国近くまで増える見通しというから驚きだ。

 新たな参加国は、インフラ需要が旺盛な中東やアフリカ周辺に位置する新興国が中心とみられる。日米が主導し、現在67カ国が加盟する「アジア開発銀行(ADB)」の参加国数を、たった1年で一気に抜き去るワケだ。急拡大の要因は、中国サイドによる“ワイロ”が大きく影響しているようだ。

「中国企業の間では、取引相手を巧妙にワイロ漬けにし、ビジネスを有利に進める“文化”がある。中国以外の新興国内の商取引でも、ワイロが飛び交うのが当たり前。“文化”は新興国同士の取引においても同様とみられます。一方、先進国の間では、正常な取引を阻害する不正な贈収賄を排除するのが常識です。新興国の上層部は、『収賄の恩恵に浴したい』という下心を抱き“文化”に理解のある中国が相手だからこそ、AIIBの参加に手を挙げたのでしょう」(在中ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る