タカタもリスト入り 市場が警戒する最新版「危ない67社」

公開日:  更新日:

 株主総会シーズンが迫っている。来週29日には全体(3月期決算の上場企業)の約32%にあたる750社以上が一斉に開催する。問題企業は対策に大わらわだ。不正会計の東芝(22日)、燃費不正の三菱自動車(23日)やスズキ(29日)……。

 エアバッグ問題に揺れるタカタも28日に株主総会を開くが、今回は昨年までと状況が異なる。今年3月期の決算書で、初めて「重要事象」を記載したのだ。

「市場が危ない会社と認識するGC(ゴーイングコンサーン)注記より危険度は低いですが、経営の継続性に疑問符が付いていることに変わりはありません。要警戒です」(市場関係者)

 タカタと同じく、自動車部品で知られる曙ブレーキも、今3月期に初めて「重要事象」を加えた。決算書によると、米子会社が2期連続で営業損失を計上したことなどが理由だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る