英EU離脱で再燃する「沖縄独立」 現実的なのか識者に聞く

公開日:  更新日:

 そもそも琉球王国は、1879年に日本に併合されたもので、戦後米国に占領されたあと、1972年に復帰した。その際も住民投票という正式手続きはなかった。そのため、国連には「植民地」と位置付けられている。琉球人は独自の民族として認められているのだ。

「琉球は、独立する権利(自己決定権)を国際法で保障されています。独立に必要なのは住民の意思と国際社会の承認だけ。3年前には『琉球民族独立総合研究学会』が設立され、スコットランドのように住民投票方式の独立手続きを進める動きもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る