日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3つの選挙がカギ…日米同盟は沖縄から崩れて劇的転換が訪れる

 16年、沖縄は市長選、県議選、参院選と重要な選挙がつづく「選挙イヤー」。もちろん争点は、米軍「普天間基地」の「辺野古移設」の是非だ。もし、沖縄県民が3つの選挙、すべてで「ノー」の民意を示したら、安倍政権は辺野古移設を強引に進めることは不可能になる。安倍首相が「深化した」と胸を張る日米同盟も劇的に変化するかもしれない。

「普天間基地」を抱える宜野湾市の市長選は、1月24日が投票日。県内移設を容認している現職と、「辺野古移設阻止」を掲げる新人の一騎打ちの構図だ。

「辺野古移設をゴリ押ししている安倍官邸は、総力を挙げています。市長選で勝てば、勢いがつき、県議選、参院選と3連勝できる、3つの選挙で勝利すれば“辺野古反対”の声を封じ込めることができると計算している。逆に、3連敗したら辺野古基地の建設は断念せざるを得ない。16年は、米軍基地問題を決定づける年になるでしょう」(政治評論家・本澤二郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事