日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福岡6区補選 鳩山邦夫氏の次男・二郎氏は無所属でも出馬

 鳩山邦夫元総務相の死去に伴う衆院福岡6区の補欠選挙。自民党福岡県連は林芳正前農相の秘書の蔵内謙氏(35)の擁立を決定し、党本部に公認申請しているが、邦夫氏の息子がこれに反旗を翻した。

 邦夫氏の次男で福岡県大川市長の鳩山二郎氏(37)が31日、福岡県久留米市の邦夫氏の講演会事務所で記者会見。福岡6区の補欠選挙に無所属でも出馬する方針を明らかにした。

 二郎氏は「多くの支援者から父の遺志を継ぎ、国政に挑戦すべきだと激励を受けた」と発言、自民が分裂選挙となる可能性が高まった。

 補欠選挙は10月23日に投開票となる見通し。また、東京都の小池新知事の転出に伴う東京10区補選も、同日に行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事